診療時間

産後骨盤矯正

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 産後の肩こりや腰痛に悩まされている
  • 産後、冷えやむくみがつらい
  • 恥骨が痛んだり、少しの衝撃で尿漏れしたりする
  • 産後から頭痛やめまいが続いている
  • 出産前の服が入らず、悲しい
  • 骨盤矯正をしたいが、痛そうで怖い

産後の骨盤の状態とは?|前橋市 はとり接骨院

出産時は、誰でも骨盤が大きく開きます。産後はホルモンを出すことで、徐々に骨盤は元の状態へと戻っていきます。けれども、産前より骨格や骨盤に歪みが生じていたり、育児や家事、仕事による負担や生活リズムの乱れが生じたりすることもあるでしょう。すると、骨盤の戻りが悪くなってしまうことも少なくありません。

産後骨盤矯正は、このような産後の不調がある方を対象に、骨盤を正常な状態に整えることを目的とした施術になります。

骨盤の開き・歪みをそのままにしておくと?

「骨盤がズレていても、特に問題はないでしょう」「なかなか外出できないし…」と骨盤の開き・歪みをそのままにしている方も多いです。確かに、直接的に命が奪われることはありません。しかし、さまざまな不調を引き起こすのは、まぎれもない事実。

骨盤の開き・歪みを放置すると、骨盤周辺の筋肉が引っ張られて硬くこわばります。すると、O脚が悪化したり、腰痛や関節痛を引き起こしたりしてしまうのです。また、その筋肉のこわばりが血管を圧迫し、冷えや便秘、むくみ、内臓機能の低下といった「自律神経の乱れ」を引き起こします。そのほかにも、内臓の位置が変わることでお腹がポコッと出てしまうなど、体型の変化も顕著です。

早めの産後骨盤矯正がおススメです|前橋市 はとり接骨院

妊娠中は、お腹にいる赤ちゃんがぐんぐん大きくなることで、骨盤の周りのインナーマッスルは常に引き伸ばされます。このような状態は、正常に機能しているとは言えません。

産後はゆっくり時間をかけて、身体は正常な状態へと戻っていきます。しかし、その間骨盤は開き、姿勢を支える役割を担うインナーマッスルは緩んだまま。骨盤・姿勢がぐらぐらのまま、忙しく家事や育児を行っていれば、骨盤・姿勢の歪みは大きくなってしまいます。体の歪みを悪化させないためには、産後の悪露が落ち着いたころにでも、産後骨盤矯正をスタートすることが望ましいです。

当院の産後骨盤矯正は?|前橋市 はとり接骨院

当院へ骨盤矯正に訪れる方は、「整骨院が初めて」という方や「何度か来たことがある」という方までさまざま。皆さん、“矯正”ということばに、「きっと痛いんだろうな…」と思いを抱えて来院されています。

しかし、当院の施術は、身体をなでるようなソフトな施術で、痛みはほとんどありません。筋肉の強張りを優しくほぐし、少しずつ骨盤を正常な位置へと矯正していきます。産後の骨盤の歪みを矯正したいという方は、ぜひ当院へご相談下さい。

お問い合わせ

  • はとり接骨院 0120810341

診療時間

住所
〒371-0056
群馬県前橋市青柳町502-6
駐車用
9台完備